--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-05-28

島津豊久公の天昌寺(妙通寺)跡に行って来ました。

法智山 妙円寺バナー

私の姪っ子の結婚式出席の為、東京から来てくれた叔母さん。
昨日は霧島神宮参拝やらアチコチ。
ゆっくり出来るのも今日までなので、地元の日置市吹上町
天昌寺跡に母と御案内。


天昌寺は元々を妙通寺と言い、石屋眞梁派(全国1000ヶ寺以上)
初の寺院(室町時代建立)でした。今で言う“仏女”でしょうが、毎日熱心に
参禅していた女性の事を、「妙通寺の和尚の所に毎夕美女が出入りしている」
と噂立てられ、それを嫌った石屋眞梁はお隣の日吉町、しんこ団子で有名な
深固院という庵を構え、吹上町を跡にする。
(ちなみに私は“仏男”では無く、どちらかと言うと“歴女”ならぬ“チョイ歴男”)


石屋眞梁禅師の墓
僧侶の墓や位牌は頭がやはり丸いって(坊主頭)知ってました?(笑)

この後、長州の大大名大内義弘公の帰依を受け、
伊集院町に大寺院妙円寺建立~そして日本有数の巨大寺院福昌寺(現在薩摩川内市
に復興済)と石屋眞梁は隆盛を極め、前田利家の帰依や、石原裕次郎の菩提寺やら
で有名な大本山総持寺の管主にまで登りつめる。

と、まあ石屋真梁に関しては依然HPに書きましたので詳しくはコチラ。デカい頃の妙円寺や福昌寺、天昌寺画あります。

http://myoenji.jp/kaizan.html

で、この妙通寺後の関ヶ原の戦いで、長寿院盛淳らと参戦し、島津義弘を
守り討死した島津豊久公の戒名からその名を天昌寺と変え彼の菩提寺となりました。


島津豊久公のお墓 伝説の井戸と石屋眞梁座禅石

島津豊久公のお墓と石屋眞梁座禅石と伝説の井戸。
なんかパワースポット…神々しいって感じ?しましたよ


母と静子叔母さん(茶の花)

途中で寄った茶の花と言う洒落た喫茶店。
フルーツパフェとコーヒーがガチうまい!
「マスター、地元の有志達のガイド本ありがとうございました」
今回びっくりしたのが、地元の方々が、お墓や境内跡を管理
されていること。お花も綺麗でした。
すがすがしい気分になった一日でした。

                    伊藤 憲秀


追記:天昌寺跡や圓林寺跡、深固院跡。
    みんな熱心、お墓も綺麗にしてました。
    邪魔なのは何処ぞやの相変わらずの
    中途半端な案内板くらい。色々と質問も受けました。
    市町村合併がなければ石屋眞梁や豊久公も、
    歴史に埋もれたままだっただろう。
    真摯な姿勢を少し見習ったら方が「いいね!」。

    
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

妙円禅寺

Author:妙円禅寺
法智山 妙円寺の公式ブログです。妙円寺の事はもちろん、武出張所、武霊廟/妙寿庵からのお知らせ。また唐湊公園墓地/慈愛の丘 とそ動物霊園の日記まで更新していきます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
妙円寺公式twitter
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。